お気軽にご相談ください インプラント TEL:0120-118-478(滋賀) 矯正 TEL:0120-118-284(京都) 無料相談  TEL:0800-118284(三重)
グリーン歯科グループ一覧 栗東グリーン歯科 四条烏丸グリーン歯科 瀬田グリーン歯科 草津グリーン歯科 膳所グリーン歯科 鈴鹿グリーン歯科 野洲グリーン歯科

インプラントなら滋賀(大津・草津)・三重鈴鹿・京都四条烏丸のグリーン歯科(緑和会)

歯周病

医療法人 緑和会 採用情報 インプラントセンター MOVIE フォトギャラリー 歯科医師臨床研修 2017歯科医師向けセミナー
スルガ銀行のデンタルローン SURUGA bank
HOME»  歯周病

歯周病について

歯周病は日本人が歯を失う原因第一位です

歯周病は一般的に、成人の80%がかかるといわれております。
歯周病とは、歯垢などの汚れが、歯と歯茎の間に入り込み、歯肉や骨を侵し、知らない間に進行していく病気です。重度になると、心臓病や糖尿病などにも影響をすることがあります。そんな歯周病をあきらめるのではなく、当院では初期治療はもちろん、積極的に外科治療も取り入れ、メインテナンスにも力を入れております。

定期検診を受けましょう

「貴方の5年後、10年後の笑顔が見たい。」
そのためには・・・・
日々のきちんとしたプラークコントロール(歯磨き)と、定期的なメンテナンスが重要です。
私たち、歯科衛生士がしっかりサポートさせていただきます!!
一緒に「笑顔づくり」をがんばりましょう!

歯周病の治療方法

スケーリング・ルートプレーニング(歯石除去)

スケーリングとは歯肉縁上、縁下を問わず、歯面石からプラークと歯石を除去することを言います。ルートプレーニングとは、根面に沈着した歯石や壊死セメント質などを除去し、滑沢でクリーンな歯面を作り出すことを目指します。
ただし、これらの清掃は実際、お口の中で超音波器具や手用器具を用い、一連の動作として行っていきます。

歯周外科治療(F.O.P)

スケーリング、ルートプレーニングといった一連の初期治療後、まだ炎症物質が存在し、歯と歯茎の間に深い歯周ポケットが残っているケースでは、このポケット除去もしくは改善を図るために外科治療を選択する必要がでてきます。
また、歯周外科治療の中には、失われたり、傷ついた組織の回復を目的とした再生治療も含まれ、当院ではこちらにも力を入れて診療に取り組んでおります。

臨床歯冠延長術


  • 「歯周外科の臨床とテクニック」より
  • 「これから学ぶ歯周外科の手技」より

歯周病や歯茎近くまで入り込んだ虫歯、歯の欠損を伴うケース、あるいは審美性を要求される処置において、あえて歯の周りの組織を切除することによって臨床的歯冠長を延長することで、歯周組織のメインテナンスを確実にし、修復処置の予防や噛み合わせの調和、または審美性の回復にとって有用なものにすることができる。

GTR法

GTR法

GTR(Guided Tissue Regeneration)は組織誘導再生法といい、歯周病により歯周組織が失われた部分に、骨は歯根膜、セメント質を再生する力のある細胞を誘導し、元の状態に再生させようとするものである。
ただし、これらの清掃は実際、お口の中で超音波器具や手用器具を用い、一連の動作として行っていきます。

骨移植術・GBR法

  • 歯周外科の臨床とテクニック」より

骨の薄くなった部分に対して、骨を増生させる方法です。

根面被覆 Root Coverage

誤ったブラッシング、プラークによる炎症、噛み合わせによる影響等が原因で、歯茎が下がってしまうことがあります。こういった歯肉退縮によって露出した根面を歯肉で覆い、審美的・機能的に改善する処置があります。

エムドゲイン Emdogain

エムドゲインとは、エナメルタンパク質複合体を主成分とした、歯周組織再生を目的とする物質です。つまり、骨欠損を伴った歯根面にエムドゲインを作用することで、セメント質、歯根膜、および歯槽骨を含んだ歯周支持組織を再生することができます。

エムドゲイン

  • 治療前

  • 治療後