インプラント・矯正のご相談は

0120-118-284

グリーン歯科(緑和会)

CAD/CAM

自前のCAD/CAM設備

自前のCAD/CAM設備

セラミックの白い詰め物、被せ物を55,000円~77,000円より

従来、セラミックスを使用した詰め物やかぶせ物を入れる際には、治療のための数多くのステップが必要でした。(型取りをして、模型を作り、技工所に送り、歯科技工士がセラミックスを手作りし、病院に送り返し、ようやく装着するというステップ。必ず数日の期間を必要としていました)
その不快感や不便さを最小限にすることができるのが、このCAD/CAMシステムです。

CAD/CAMシステム + iTero

iTero(アイテロ)とは

iTero(アイテロ)とは、マウスピース矯正のためのシステムで3Dスキャナーを使って歯の型取りができます。
型取りの苦痛がなく、歯をスキャンするだけで精密に歯型を取る事ができます。
スキャンしたデータは直接メーカーへ転送されるので短期間でスムーズに治療が進められます。

歯の模型は作りません

従来の治療方法(型取りをし、歯の模型を作ってからセラミックスの詰め物を作っていく方法)とは違い、このシステムでは光学カメラにて型取りをします。
お口の中で簡単に3D撮影ができる光学カメラによって、歯の状態がデータ化されます。その画像データを元に、コンピューターがデータ上で詰め物を設計します。

技工所に送らず、院内で機械が精密に削り出します(セレックシステム)

そのデータ上の設計に基づいて、院内にあるミリングマシーン(削り出しをする機械)がセラミックスのブロックから、わずか15分程度で詰め物、被せ物を削り出すというシステムです。

デジタル化による正確性

光学カメラで型取りをしているので、従来のものと比べると、より精密な詰め物となり、かみ合わせの調整もわずかで済みます。
(お口や歯の状態、治療する本数にもよりますが)従来では不可能であったセラミックによる歯の治療を1日で実施することも可能となりました。

※かみ合わせが難しい方の場合は、かみ合わせの確認のための型取りをすることもあります
※色調など、より細かい調整が必要な場合は、技工所と連携をとることもあります

CAD/CAMシステム

実際の診療風景

光学カメラで印象(型取り)している様子

光学カメラで印象(型取り)している様子

コンピューターを用いての被せ物のイメージ作製している様子①

コンピューターを用いての被せ物のイメージ作製している様子①

コンピューターを用いての被せ物のイメージ作製している様子②

コンピューターを用いての被せ物のイメージ作製している様子②

ミリングユニットで被せ物を作製している様子②

ミリングユニットで被せ物を作製している様子